■ 秋之野窯通信 Vol.79 2021.7 8

       
   


・あやめ
いままで、あやめも、しょうぶも、かきつばたも同じように見えるが、よく見るとそれぞれに特徴が。
いずれ、あやめ か かきつばた。

 


・からすびしゃく
「きつねのろうそく」
「へびのまくら」の別名。
薬効もあり生薬名は半夏(はんげ)とか。

 


・ひまわり
毎年たくさん咲いてくれる。庭がいつもの夏に。



       
   


・ひきがえる
毎年いまごろ1〜2回家に来る。回りを見ても児雷也はいなかった。
たぶん乗り遅れたのだろう。いまごろ「オレのガマどこ行った」と。

 


・ヒヨドリ
家の窓のすぐそばにヒヨドリが巣を作った。2週間でヒナが生まれたが、それから10日ぐらいして・・・。

 


・ギャラリー
秋之野窯ギャラリー。
少しづつ新作ができてます。



       
   


・色絵皿
ちょっと早い秋草文長皿。

 


・人形
こんどは磁器で人形を。陶器の土と違って作りにくいと寛子さん。

 


・階段のある壺
新作、階段のある花生。新しい階段シリーズ製作中。



       
       


・テープレコーダー
     TEAC A-2300SR
家に2台あるTEACのテープレコーダーの補修用に、部品取り用ジャンクを購入。いままでになくきたない状態で送られてきたし、リール軸はダンボールから飛び出していた。それから1か月の修理で、いまではメインのテープデッキに。ほぼ新品同様に。

 

 

 

 


秋之野窯 電子オルガン製作記29


       
   


・リアパネル
オルガンにいろいろな機器を接続するためのパネル。PC入力、MIDI入力、USBなど。

 


・その内部
PCを入力するとものすごいノイズ。
そこでライントランスを追加。ライントランスと言っても、真空管アンプの出力トランスを代用。
ライントランスは、PCのヘッドホン出力をアンプにつなぐ時も効果的。デジタルの音がやさしく、力強くなる。

 


・熱収縮チューブ
山形では黒い色のしか手に入らないが、これがあれば色で回路が区別できるし、文字も入れられる。もっと早く使えばよかった。





秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
2009年
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
2010年
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
2011年
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
2012年
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
2013年
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
2014年
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
2015年
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4 Vol.60 2018.5 6 Vol.61 2018.7 8 Vol.62 2018.9 10 Vol.63 2018.11 12
2019年
Vol.64 2019.1 2 Vol.65 2019.3 4 Vol.66 2019.5 6 Vol.67 2019.7 8 Vol.68 2019.9 10 Vol.69 2019.11 12
2020年
Vol.70 2020.1 2 Vol.71 2020.3 4 Vol.72 2020.5 6 Vol.73 2020.7 8 Vol.74 2020.9 10 Vol.75 2020.11 12
2021年
Vol.76 2021.1 2 Vol.77 2021.3 4 Vol.78 2021.5 6